italiashokudou  ALBA

albahh.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 30日

デビュー近し!!全粒粉パン

c0130516_1712195.jpg

中種から作るパンは 粉の風味も増し
香ばしく焼きあがります
今日は試作二回目、かなりの完成度!!
STAFFのN嬢がALBAパンに力を入れてくれています。
改善点がはっきり分かるのがパンのいいところ
ALBAのパン・・・充実しそうです。
[PR]

by albahh | 2008-10-30 17:17 | 幻の手作りパン
2008年 10月 30日

定番ピクルス

カブの間引き菜と一緒に
c0130516_16515198.jpg

ピクルスが大好きです
だからけっこうピクルスの甘さ・酸っぱさ加減にウルサイです
酸っぱいだけじゃイヤやし甘ったるいのも気持ち悪い

ALBAのピクルスは今までいろんな人が仕込んで来ました
同じ配合でも全く違うものになってしまう
ピクルスって不思議な一品です。
私好みのピクルスの味をハザマ氏に伝えても
食べてみると なんかしっくり来なかった
それがそれが!!!
先日何気に食べたピクルスは私好みでビックリ!!
このピクルスを作る彼は
最近ヨメをもらって 気合の入る男でした。
[PR]

by albahh | 2008-10-30 17:10 | お薦めの一品
2008年 10月 24日

WEDDING 

式の後の 「バルーンリリース」天気が良くて 緑も活き活きしている
花嫁さんのドレスがアイボリーでデザイン的にも中世のお嬢様のよう
ルノワールの絵みたいだった一コマ
c0130516_1612447.jpg

食事の後 お庭で Tea time プティガトーを物色する娘
c0130516_1614825.jpg

尺サイズのケーキ
c0130516_162147.jpg

フォークが並ぶお食事を久々に堪能する
c0130516_16235100.jpg

自分を鏡でしか撮れない私
c0130516_1625643.jpg

先日 STAFFの男の子が結婚した
私達は家族で招待していただき とても楽しむ事ができました
結婚式では花嫁の立場になり
友人のスピーチでは友人の気持ちになり
親族席のご両親をみれば親の気持ちになり・・・
いちいちハンカチで目頭を押さえる母に
娘は「えっ!!もう泣く? はあ!?また泣くんかよ」
口には出さないが顔を上げるとそんな視線を感じた
新郎新婦席の目の前だった私達
後日 花嫁に「美咲さん ハンカチでずっと拭いてはるから 暑いんかなって思ってました」
泣いててん!!!!
愛すべきキャラの花嫁
これからもよろしくおねがいします。
[PR]

by albahh | 2008-10-24 16:20 | 休日
2008年 10月 24日

自家製パンチェッタと野菜のフスィリ

あまから手帖に載せていただいたこのお料理
明日のLunchからデビューします。
野菜の旨みと凝縮させたトマトソースにフスィリ(フジッリ)がしっかり絡まり
仕上げにかけるニンニクのソースの香りが食欲をそそります。
c0130516_15561528.jpg

[PR]

by albahh | 2008-10-24 15:57 | お薦めの一品
2008年 10月 23日

年末にかけて

あまから手帖とSAVVYに載っています。
あまからは不自然にフジッリの袋を持つハザマ氏が笑えます
SAVVYは煮込み料理が美しく撮ってもらえています

年末に向けて夜のお客様が増えて欲しいと願うヨメ・・・
[PR]

by albahh | 2008-10-23 22:17 | 雑誌
2008年 10月 23日

wineの試飲会

昨日のお休みは日頃お世話になっているBMOさんの試飲会
ハザマ氏とStaffの子とお邪魔した
BMOがイタリアWineに力を入れだしてくれたおかげで
ALBAも年末にかけておいしいイタリアWineが顔を揃えそうです。
講習会もあって それにも参加しました
現地の写真をスクリーンに映し
ぶどうの品種から生産者の人柄まで・・・
普通の試飲会では教えてもらえない話が盛りだくさんで
お客さんに話するいいネタがたくさんもらえました。
セミナーが終り ハザマ氏と話したのは
どのWineがどうとか 生産者がどうとかではなく
「あんなとこに住みたいね~山買っちゃう!?」でした
スクリーンに映し出されるブドウ畑は
とことん緑で 空が広くて 生産者のオヤジ達はみんな魅力的で
葡萄はたくさんのエネルギーの凝縮した美しさに溢れていて・・・
帰り際にBMOの社長と握手をしたハザマ氏は
「ありがとうございました!!畑買います!!」と言っていた・・・
ふざけて言ってると思うが
案外 ホンキなのかもしれない
[PR]

by albahh | 2008-10-23 22:10 | 休日
2008年 10月 16日

いももりえんそく

息子は「芋掘り遠足」と言えない
「いももり遠足行きたい、オレ」三角きんで首から腕を吊り 訴えてきた 
ギブスをはめた状態でのバス遠足は無理があるが
たまたま水曜日のお休みだったので 保育所の先生に現地に私も行くので
行かせて欲しいとお願いした。
久しぶりに 好きなCDを聴きながらドライブして
芋掘りも楽しいかも!!とのん気に構えていたら
先生は気をきかせてくれて 同じバスに乗って行ってくださいと言って下さった
「・・・・・」そんな気は利かせないで欲しい・・・
3・4・5歳児 総勢80人の密室、否日常的なシチュエーションに狂う幼児達・・・
容易に想像のつく状況に軽くめまいがした
北区までの一人ドライブの夢は砕け散り
もうすでに出来上がっていた私の名の入った バスの席表を持たされていた
私の性格を知ってる先生達は「ジャージ貸しましょうか?!」とニヤニヤしている
そして次の日 秋晴れの中、芋掘り遠足へ出発した
乗ってしまえば馴染んでしまう 楽しんでしまう
外の景色を眺める息子もいい顔している
保育所での発表会とは違う 子ども達の歌声に感無量になり泣いてしまう
参観の時には見れない先生と子ども達の関係も見えて ほほえましい
子ども達と同じように楽しんでいる先生方の笑顔もステキだ
乳児から保育所に入れる事に賛否両論あるけれど
私は本当に保育所に入れて良かったと思う。
クラス対抗の歌合戦があり 所長先生が採点する
そして先生が司会のクイズ大会が始まった
「は~い じゃあ第一問!!ジャジャン!!」ウルトラクイズのような効果音まで言っている
「はい!!じゃあ 第二問!!」
「じゃじゃん!!」子ども達が声を揃えて言う
なぞなぞ形式のクイズは盛り上がる 
「はい!!じゃあ第三問!!」
じゃじゃん と声が揃わないとダメ出しして 何度もジャジャンと言わせている
ソコは突っ込みどころちゃうやん、と私は爆笑した。

子ども達と先生とそうたのおばちゃんの行った遠足は
長女の時から数えて足掛け9年になる保育所生活最後にふさわしい
特別な大切な思い出になりました。
大きなお芋を抱えている笑顔の話
芋の掘り方にも個性が出るところ
みんなのお母さんに話してあげたいです。
[PR]

by albahh | 2008-10-16 13:47 | 子ども
2008年 10月 16日

息子とギブスと私

先週末OPEN準備をしていると息子の通う保育所から電話があった
「ソウタくんがウンテイから落ちて 肘から落ちたみたいで・・・
 ちょっと腫れてきたので 病院に行って来ます!!」
よろしくお願いしますと返事し、OPEN準備をする
公園に散歩に行って調子乗ってウンテイやってたけど 落ちてしまったのが気まずくて
大げさに痛いフリしてんねんわ・・・
今頃病院に行って 大げさにリアクションした事を後悔しているやろな~アイツ。 フッ
と 心配するどころか 鼻で笑っていた
ところが二時間後に連絡が入った時
肘上の上腕骨にヒビが入っていて ギブスを巻いているとの報告があった
先生は謝り通しだった
どこにいても なにをしてても怪我をするときはするし
早めに迎えに行きます。と伝え普通に仕事をし
少し早めにお迎えに行った
職員室で小さくなってブロック遊びをしている息子の腕には
肩から指先までギブスがはめられていた
「ソウタ おい」といつものように声をかけると
口をむりやり横に広げ目を細めて
私を見上げ 精一杯の作り笑顔をした

先生から怪我をした時の状況と病院での説明を聞いた
話の間 時々息子を見ると目に涙をいっぱい溜めて 思いっきりの作り笑顔で返してくる
何度も何度も唇の端を震わせながらの笑顔
落ちた時も 病院でもほとんど泣かずに耐えていたらしい
先生は息子を褒めていた
保育所の門を出て初めて 私は息子の目線にしゃがみ
「泣いていいんやで」と言った
息子は園庭で遊んでいる友達に聞こえないように
歯を食い縛り ボロボロと涙を流した
その顔を確認できないくらい 
お母さんも泣きました。
[PR]

by albahh | 2008-10-16 13:01 | 子ども
2008年 10月 09日

ハムスター

娘が誕生日にハムスターが欲しいと言い出した
はっきり言ってネズミにしか見えない・・・いや完璧ネズミだ
キッパリお断りした、キッパリお断りしたのにも関わらず
娘は諦めるどころか 頑なになるばかりだった
ハザマ氏も私もネズミは嫌いだ
匂いもイヤだし これ以上私の仕事も増やしたくない
娘に「ソウタ(弟)をペットやと思ったらいいやん」とふざけて言っても
全く笑いもせず冷ややかな目線で私を見る
「にゃお~ん」と猫のマネをし甘える仕草をする息子もスルーだ。
ここは父親のハザマ氏からちゃんと話してもらおうという事になり
ハザマ氏がハムスターはダメだと言った
娘は大泣きした 私が断った時以上に泣きまくった
ハザマ氏が決定した事は変わらないというのを 娘はよくわかっている
その日以降 ハムスターの話どころか
自分の誕生日についても口にしなくなった
誕生日の三日前、いつもならあと何日で誕生日だと
毎日カウントダウンするのに 何も言わない
何気に あんた誕生日プレゼントどうするん?と聞くと
「何もいらない 思いつかない」と無表情で言った。
いつもなら欲しい物ベスト3はスルスル言う娘が
欲しい物の補欠も考えている娘が・・・
娘の 思いの深さに胸が熱くなった 
その話をハザマ氏にすると ちょっとペットショップに見に行ってみようという事になった
実際 生で見て 触ることが出来るのかも不安だった
動物アレルギーのあるハザマ氏が大丈夫なのかも試したかった
たくさんのケージの前で私が眉間に皺を寄せ
「ほら~・・・ネズミやん」と言いハザマ氏を見ると
目は垂れ下がり だらしない笑顔で小動物の動きを眺めていた
「ウフフ ウフフ」と小さく笑っている
えっ!!!!!!この人もう愛情爆発?!?!
一匹のハムスタ-を抱かせてもらい うっとりしている中年オッサン
ハムスターの背中を撫でながら
「お前 うち来るか?」と話しかけている
えっ!!!即決!?買う気??????

娘はサプライズでもらえた小さな命に喜び
ハザマ氏は深夜帰宅して 唯一起きているハムスターに癒されているようだ。
大人組に掲載されているハザマ氏は
決して小さくは無い小動物のような顔をしている
[PR]

by albahh | 2008-10-09 17:28 | 子ども
2008年 10月 09日

なかなか更新しなくてスミマセン・・・
全く更新していないのに 毎日ほぼ同じ数のアクセス数があり
毎日開いてはイライラしてはるんやろな・・・申し訳ない と思っていました
秋はなにかと忙しいです
子ども達の誕生日、結婚記念日、運動会、音楽会、結婚式
試飲会、授業参観、ダンナだんじり、遠足
スケジュール帳は真っ黒です
ALBAも新しいSTAFFが入ってくれたり
巣立つ子がいたりで
心も切なくなります 秋ですわ。

寒くなってきたら たくさん出るのが
「地鶏のボッリート」(ポトフ)地鶏を柔らかくなるまで煮込んで
たくさんのお野菜と共に召し上がって頂く
ボリュームのある一品です
鳥と野菜から出るスープは思ったよりあっさりしていて
鍋一杯のお料理も テーブルから下げる時はスープもほとんど残っていません
心も体も温かくなります・・・
このボッリートが今回雑誌に掲載されています。

大人組 kansai11月号 39ページ
[PR]

by albahh | 2008-10-09 16:38