italiashokudou  ALBA

albahh.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 26日

ソウタ利休

c0130516_18345621.jpg

「オレもお茶入れたいなあ・・・」
そんなコトを言い出したので 
友達に頼み野点セットで初めてお抹茶を飲んだ息子
お子ちゃま向けではないその飲み物を
息子はけっこう気に入り
その後も茶せんを買ってくれとせがむようになった
とうとう茶せんを購入した
娘はお菓子が無いとお抹茶を飲まないが
息子はアテも要らず
そのままゴクゴク飲んでいる
食後にたててくれる手つきも慣れてきた
私がたてると職業柄か泡立てのようになり
抹茶カプチーノになる
それを見て息子は「秀吉みたいやな」と言う

そう 
息子は大河ドラマの見すぎなのである・・・
[PR]

by albahh | 2011-06-26 18:46 | 子ども | Comments(2)
2011年 06月 21日

マンゴー・モスタルダ

c0130516_18342543.jpg

Wineでお世話になっているBMOの姉さまの紹介で
宮古島のマンゴーを入荷する事になりました
先日の台風で熟す前に落ちてしまったマンゴー達
固くっても青くっても渋くっても
後味がちゃんとマンゴー
有機農法で造られた力強さを感じます
そんな青いマンゴーを使って ハザマ氏はモスタルダソースを造りました
生ハムに乗せたり
豚肉のローストに添えたり
爽やかな酸味と後味のマスタードオイルが新鮮です。
ケースで届いたマンゴーを煮込みまくって
瓶詰めされたものが大量に並んでいます
当分の間 楽しめそうです
鴨や羊 イノシシにも合いそうだな・・・・
夏のキャンプにはコレ持って行こう!!

食してもらった桐谷姉さんのblog  

モスタルダソース
モスタルダとは、果物や野菜のシロップ煮に、マスタード・エッセンス(マスタードの種を砕いたもの)を加えた北イタリア独特の食べ物です。伝統的には、マルメロやいちじくを使ったものが有名ですが、いまは様々なレシピで広く作られています。また、ロンバルディア州のクレモナ(Cremona)やマントバ(Mantova)などが有名ですが、ピエモンテ州のコニャ(Cognà)のように、独自の文化でも有名になっているものもあります。ジャムのような見た目ですが、食べるとピリッとスパイシーで、日本には無い北イタリア独特の味わいです。ゆでたお肉(bollito misto)に合わせたり、チーズに合わせたりするのが一般的な食べ方です。
[PR]

by albahh | 2011-06-21 18:50 | お薦めの一品 | Comments(0)
2011年 06月 20日

ALBAもたこしゃん

c0130516_16262436.jpg

カタシモワイナリーさんのWineを初めて飲んだのは
中津の「オレンチ」でした
日本のwineの美味しさを知らなかった自分がちょっと恥ずかしかったし
知らない自分は損してるような気になった
それからオレンチへ行った時には 店主カワシマ氏推薦の日本wineを飲む事が多くなりました
そんなこんなでちょっと気になってるんやけど
ALBAには未入荷だった日本もん・・・
今回 今回
最近 巷で話題の「たこしゃん」
ALBAでも緊急入荷しました!!
先日のお休みにハザマ氏と空堀にある「たこりき」さんにお邪魔し
たこ焼きと「たこしゃん」を頂き
私もハザマ氏もフォーリンラブ(wineによ)でアイウォンチューでアイニージュー
即行発注をかけてもらいました
ALBAでもたこしゃん飲めます
大阪シャンパンの味 ALBAにも合います
スッキリした飲み口と最後にふんわり残るデラウェアーの風味
最初の一杯はまず「たこしゃん」をオススメします

以下はオレンチblogより・・・
カタシモワイナリーの熱い想いを”たこシャン”にのせて

誰しも一度は食べたことがある、最もポピュラーな種無しぶどう『デラウェア』。
大阪府はぶどうの生産量全国7位・デラウェアの生産量全国3位を誇る、知られざるぶどうの一大生産地です。しかし、栽培者の高齢化によって耕作放棄地が増えていくなど、ぶどう作りの根幹を揺るがす大きな危機に直面しています。

生食用のデラウェアを栽培することはかなりの重労働ですが、弊社ワイナリーの周辺のぶどう栽培者の平均年齢は70歳~80歳と非常に高齢です。
又、弊社ワイナリーのある柏原市のぶどう農家157件のうち、現在跡取りが決まっているのが14-15件程度で、残りの多くは息子・娘世代が7-8年で定年を迎える農家と推測されます。
1年でも耕作を放棄するとぶどうの木は枯れてしまいます。
跡を受け継ぐその人たちに無事にぶどう栽培を引き継いでもらう為に、弊社として出来る事はなにか?

ここ数年、余剰生産ぶどうを引き取ったり、耕作手がなく栽培放棄寸前の畑の面倒を見たり、という活動をして参りました。その中で、弊社・ぶどう栽培農家(跡取りを含む)の両者にとって有益となる事業を発案すべきではないか?

私たちの答えは、世界でも珍しいデラウェアを使ったスパークリングワインを造ろうということでした。

まず第一にワインに適し、更に高齢者でも無理なく、消費者にもやさしいデラウェアの栽培方法を考案しました。
それは、露地での種有り有機草生栽培です。ワインにするには種有りぶどうの方が適していますので、種無しにする為の薬品処理をしません。ビニールハウスや加温もやめて、除草剤もやめていきます。
そうすると土地の力が回復し、肥料の量が減ります。できる限り肥料も油粕や牛糞、ぶどうの搾り粕などの有機肥料にしていきます。収穫時期も工夫します。
実際にこの方法で、弊社実験農園では、重労働と農薬と化学肥料を削減したワインに適したデラウェアぶどうの栽培に成功しております。
現在は、この試みを協力農家へ広げる取り組みを行っています。

第二に、デラウェアをおいしいワインにできるかと言う問題の解決がありました。
ワインを造り続けて100年近い歴史のある、カタシモワイナリーの腕の見せ所です。
一般にアメリカ系品種のぶどうであるデラウェアは「キツネ臭」が強くワイン用ぶどうとしては不向きだと考えられておりました。そこで当社では、発酵段階で使用する酵母菌の研究と工夫を重ね、温度管理・果汁段階での前処理を徹底することによりフルーティで上品な世界水準のスパークリングワインをつくることに成功したのです。もちろん、瓶内発酵にこだわるなど『ほんまもん』の製法に徹底的にこだわりました。

こうして出来上がった『たこシャン』を飲んでいただくことで、大阪のぶどう農家が元気になります。

ぶどう畑は大阪のパワースポットです。
疲れた大人には癒しを、子供には虫採りの楽しみを。
都会のすぐ傍にある大阪の素晴らしいぶどう畑を守りたい。

これが大阪の小さなワイナリー、カタシモワイナリーが『たこシャン』にのせて描く夢です。
本格スパークリングワイン『たこシャン』の『ほんまもん』の味、是非ご賞味ください。

  【たこシャンの命名の訳?】
大阪と言えばたこ焼き、大阪のソウルフードです。
大阪のぶどうを使用した「気取らず気軽に飲めるシャンパンを!」とのことで
「たこ焼きシャンパン→たこシャン」となりましたとさ。
[PR]

by albahh | 2011-06-20 16:41 | wineたち | Comments(1)
2011年 06月 07日

2011冷製パスタ

c0130516_16145698.jpg

2011最初の冷製パスタ
「GGFARMの野菜とパルマの生ハム ガスパチョのソース」
ギャリ菜は赤と白のラディッシュ 人参 チコリ
味の濃さと 食感も楽しい根菜達 
生ハムの塩味で旨みUP
底に敷いてあるガスパチョの爽やかさが
ジメジメしたこの時期のうっとおしさを 吹き飛ばしてくれます。

「BlogにUPするからね 当分続けるんやろ?」とハザマ氏にきくと
「気力が続く限り・・・」と答え、笑いました
冷製パスタ 
けっこう大変なんやろか!?
本当は大変なん知ってるけど
美味しいからオススメしちゃうんよねぇ~。
[PR]

by albahh | 2011-06-07 16:25 | お薦めの一品 | Comments(3)
2011年 06月 05日

ちびっ子人気

ALBAの目の前に 天上川という川があります
この川は神戸でも有数なイノシシスポット
八割がた遭遇する事ができます
同じ目線で出会ったら怖いけど
低い位置に川があるので(壁が高い)
距離的にはふれあい動物園気分  
決して触れ合ってはいけませんが・・・
今日 ランチ終了後に看板を下げに上に上がると
川沿いにえらい人だかり
イノシシ慣れしている神戸っ子がこんなリアクションする時は・・・
さては・・・
やっぱり ウリボウでした
小型犬くらいの大きさで ママの後ろをチョロチョロしていました
挙動不審なウリボウの動き
癒されます
c0130516_16315384.jpg

[PR]

by albahh | 2011-06-05 16:32 | ALBA | Comments(2)
2011年 06月 05日

6月のお休み

1.8.15.22.29
毎週水曜日お休みいたします

c0130516_16194185.jpg

[PR]

by albahh | 2011-06-05 16:21 | 定休日のお知らせ | Comments(0)
2011年 06月 05日

息子と歌

彼はよく歌を歌っている
かなりの音量で歌っている 歩きながら 風呂場で 自室で・・・
ヒップホップもやっているので間奏で踊っているらしく
歌が止んだらドタドタと足音がする
息子は歌が上手いと思う 音程を外すことがない 
そういえば一年の音楽の授業で
先生が「この歌を前で歌ってくれる人」と言ったら
息子だけ手を上げ前に出て堂々と歌いだした
2.3小節目までは歌ったものの
後は最後まで「フンフン」とハミングで歌い上げたらしい
皆が恥かしがるところを一人前に出て歌いだしたのも
スゴイと思ったが 歌詞を知らんくせに堂々とハミングで歌い終え
どや顔のソウタに感心した・・・
そんな話を以前担任と音楽の先生から聞いた
おかげで音楽の成績は良かった
一年くらい前の事
雨の帰り道 傘をさしてソウタと歩いていた
いつものように彼は歌っていたが
その歌詞が 雨の情景が悲しげに自分の心に映る・・・的な
いいメロディの曲だったので
息子に「それ誰の歌なん?」と聞いた
すると息子は「俺の歌」と答えた・・・
!?
「あんた まさかその歌自分で作ってんの?」
「そうやで まだ途中やけど」
!?
帰宅し娘にそのことを伝えると
「そうやで あの子 自作の歌しか歌ってないで 
  森3中の黒澤さん並みやで」

!?!?!?!?!
それからというもの 

彼が何気に歌いだしたら 聞き耳を立てて確認することにした
すると なんと100パー自作曲
ホントに「俺の歌」だった
異常に反応して止められたら困るのでほっているが
私と娘は 彼の歌の分析をしている

ずっと歌っていた鼻歌が「俺の歌」だったことに気づかなかった私
どんだけ自信満々に歌っていたのか
察していただきたい
[PR]

by albahh | 2011-06-05 15:37 | 子ども | Comments(1)